ハゲ克服への対策

頭皮の状態に対して対策を上げていくぜ!
大きく分けると4つあるな。

 

 

  • @スキャルプケア (育毛シャンプーなど)
  • A育毛剤の使用(リアップなど塗り薬からサプリメント等)
  • B育毛サロン・病院へ通院(処方薬使用(プロペシア等))
  • CAGA対策の出来る病院での治療通院

 

 

因みに、薄毛の対策には2つ有って、治療と抑止は違うんだ。
薄毛を治すことが出来るのはCだけなんだぜ!

 

もちろん体質改善などが出来れば治るが、薬だけで治そうというのはムリなんだ!
@ABは予防・抑止・改善の手段であってやめてしまうとソコからまた進行してしまうんだ!

 

でももちろん頭皮環境・体質改善は最も重要なことの一つだけどな!

 

 

第@段階 スキャルプケア (育毛シャンプーなど)

 

スカルプシャンプーというのを聞いたことが有るだろう?

 

そもそも「scalp」とは「人間の頭皮」と言う意味なんだ!

 

雨上がり決死隊の宮迫がCMしている「スカルプD」コレなんかもココにあたるんだ!

 

でもな、コレを使ったからといって期待ほど薄毛が治るというとそうでもないんだ。

 

もちろん、頭皮環境が改善できて、トータルで髪の量が増えた!
髪が太くなった!っていう人はいると思う。

 

でも、目的は毛穴の掃除をしようぜ!
ということだから、これだけで生える訳ではないんだな。
でも日々のケアはとっても大事!育毛の基礎の基礎だからな!

 

ようは、どんなに効果のある薬を使っても、毛穴が皮脂で詰まっていたら上手く生えることは出来ないってことなんだ!

 

この育毛には市販品とは違うシャンプーで頭皮を守るという事を教えてくれた事はかなり重要なんだ!
でもまだまだ、スカルプケアでも@段階目だからな!

 

 

それと、10代20代の若さみなぎる頭皮にはこの1段階目を適切にすることは大事なんだ!

 

そもそも、皮脂はやっぱり抜け毛を促進させてしまう原因の一つだからな!
その皮脂を取り除く事はとても重要だし、かと言って落とせばいいという考えの安いシャンプーでは皮脂が落ちることは落ちるかもしれないが、落としすぎて逆に分泌を促進させてしまうことが有るからな!

 

俺のオススメのシャンプーをココに紹介しておくぜ!

 

 

第A段階 育毛剤の使用(リアップなど塗り薬からサプリメント)

 

 

この段階には有名なリアップが入ってくる。
このリアップはなぜこんなに有名になったかというと、日本で初めて発毛を促す事が証明された商品なんだ!

 

主成分は「ミノキシジル」と言う成分だが、
ロゲインと言うアメリカで発見された細分から作られているんだ!

 

リアップは発売当時ハゲに希望を持たせてくれた夢の商品だったんだが、その後思うように効果が出ないという口コミも有ったんだ。
それは日本の薬事法の関係で1%までしか配合することが出来なかったというわけなんだ!
そこで法改正へ働きかけて、今では5%まで使って良い事になっているんだ!

 

 

ミノキシジルの効果は育毛「発毛」予防となっているが、この発毛と言う表現が認められたことが衝撃的だったんだな!

 

ミノキシジルは外用薬と言うことで毛穴から直接浸透し毛根へ働きかけるんだ!
その結果、元々持っている毛根のエネルギーを高め髪を健康にするって流れなんだ!
植物に例えると「肥料」ってことだな!
その肥料も与えすぎると枯れてしまうだろ?
だから、配合数を規制して正しい使用で効果を出せるようにしているんだ!

 

要は要は使い方が大事ってことだな!

 

少しずつ定期的に継続するってことがポイントなんだ!

 

また、育毛関係では漢方も有ると思うが、このへんはチョット勉強不足で分からなくてスマン。でもそれもこのA段階に当てはまるはずなんだ!

 

 

 

このミノキシジルの含まれて居る育毛剤は現在では最高峰の育毛剤なんだ!

 

 

でも、実は育毛段階ではまだA段階目。

 

このミノキシジル系の育毛剤で髪が生えたという人も居るだろうが、やっぱり駄目だったと言う人も沢山いると思う!

 

なぜかって?

 

それは育毛剤の成分が効果を発揮する部分まで届きにくいということなんだ!

 

頭皮に育毛剤を浸透させてもせいぜい4mm〜6mmが限界なんだ!
そのため、主成分が幹部に浸透できるのは10%にも満たないんだ。
だからこそこの少しのミノキシジルで効果が発揮できたのか出来なかったのかが個人差として現れたんだと思う。

 

俺のオススメの育毛剤をココに紹介しておく!

 

 

第B段階  育毛サロン・病院へ通院(処方薬使用・プロペシア)

 

 

育毛剤の段階から飲み薬のプロペシアの登場だ!

 

メインの成分はフィナステリド。
よくフィナと呼ばれているものだな。

 

抜け毛の原因でも触れたように男性ホルモンである「ジヒドロテストロン」
酵素5aリアクターゼと男性ホルモンによって生成されるってことを思い出して欲しい。

 

プロペシアはこの2つの成分の結合を抑える役割をするんだ。

 

現在では皮膚科などにかかって処方してもらえるが通販も可能だ。
でも通販では偽物も多く、個人ではその判別も難しいから病院で処方してもらう方が安心だな!

 

それとプロペシアの副作用もたまに聞くと思うが、比較的副作用は無いと言われている!
性欲減退をいう話も聞くが殆どそういた症状は出ないと言われているし、関連性も科学的には証明できていない。というか、科学的には全く関係ない理論らしいのね、個人の問題だろうね。

 

肝機能障害何かもあるという事も発表されていたが、比較的安心して使える薬だと思う。
しかし、耐性とう物は正直有る。
使っている内に効果が効きにくくなってしまうんだ!

 

ソレでも、劇的な効果を発揮するからこそ頭髪を5年10年分若返らせることを考えれば有難い薬だよな!

 

 

第C段階目 AGA対策の出来る病院での治療通院

 

 

「AGA治療」って聞いたこと有るだろう?

 

良く深夜のTVCMなんかでもやっていたアレだ。

 

薄毛治療というやつだよな!

 

最先端医療を活用し「毛髪再生治療」として専門の病院なんかも有るんだ。
ソコでの治療はVEGFというものなんだ!
グロスファクター治療と呼ばれているのが正式名称かな。

 

VEGFはグロスファクターと言われ、その働きは毛細血管を再生させる能力が有るんだ。

 

毛細血管を再生だぜ?

 

 

血管内皮細胞増殖因子(VEGFはグロスファクター)
詳細はWikipediaで見てくれ!  ↑↑↑

 

 

 

で第C段階での具体的な方法はグロスファクターを頭皮へ注射で直接届けるというもの。
このグロスファクター治療、チョット説明する前に一つ話をもどるぜ?

 

前にミノキシジルは効果的って話をしたよな?

 

そのミノキシジルは頭皮に浸透した後に何をするかというと、頭皮内でVEGF(グロスファクター)を誘因していたんだ。
そのVEGF(グロスファクター)を頭皮内へ直接届けようっていうんだから効果は何となく分かるだろう?

 

例えば、ポカリスエットを飲んで栄養補給するのか、点滴で直接栄養補給するかの違いは大きいと思わないか?

 

 

VEGFは毛細血管と言う効果が有り、老朽化して損傷したりやせ細って途切れてしまった毛細血管を修復してくれるんだ。

 

それによって、バルジ領域や毛母細胞への血液の供給を再開させてくれるんだ。
血液が通うようになった バルジ領域は毛母細胞へ毛髪の素を届けることが出来、それが毛母細胞に着床する事で、再び毛が生えてくると言う流れなんだ。

 

 

 

もちろんこう言った治療は完治までに100万円程かかると言う話を聞く。

 

1回の注射で10万円掛ける1年やったとしても120万円も掛かるからな。

 

ソレでもこう言った治療法が確立されて来ているので、徐々に一般的な治療法となってくる日も近いかもしれない。

 

それよりもミノキシジルの効果などが立証された事も大分大きな進歩だと思うぞ!

YOUにピッタリの育毛剤・育毛シャンプーを見つけるなら!

このページでは(↑)育毛剤と育毛シャンプーの比較をしています!成分・価格・効果など、貴方にあった商品を見つけるのに役立つと思いますよ!

本当に効果のある育毛剤・育毛シャンプー ランキング!

このページでは(↑)育毛剤と育毛シャンプーの売れ筋・人気ランキングを紹介します。人気の商品はやはり効果的であるということと、選べないという人は取り敢えずコレを選んでおけば良いんじゃないかな?

ハゲ克服への対策関連ページ

ハゲの事を深く理解して欲しい